年代別に見るオススメの保湿化粧品

年代別に見るオススメの保湿化粧品記事一覧

近頃の10代は、美容への意識が非常に高くなってきています。小・中学生のうちから、脱毛サロンやヘアサロンに通い、スキンケアのために保湿化粧品を使用する女子も、多いようです。かつて、小・中学生の女子と言えば、部活に外遊びに体育に…と、肌が小麦色で活発なイメージがあったように感じます。しかし近年、母親の美容・健康管理に対する意識の変化と、女子学生本人の美意識の高さから、日焼け止め用品や保湿化粧品を使用し...

20代に入ると、肌本来の保湿機能の稼働力が徐々に低下していきます。肌のターンオーバーと呼ばれる新陳代謝も10代に比べると、スローペースになるでしょう。すると、正しい洗顔や保湿ケアをしている人としていない人の違いが、目に見えて分かるようになってきます。まだまだキメの細かい肌を保った20代だからこそ、その肌をキープするための、正しい保湿ケアを行うことが重要です。特に、20代に多いのが、メイクをして過ご...

30代になり、私たち女性の肌は、大きな分かれ道に立たされます。10代〜20代のうちは、肌のターンオーバーがしっかり機能してくれ、肌荒れをしても数日で改善出来ていました。しかし、30代になると、一度起こした肌トラブルは、改善するのに長い時間を要するようになります。また、肌本来の保湿機能が著しく低下していくので、今まで以上に保湿化粧品でのケアが必要となってきます。更に、乾燥が進むと、キメが荒くなること...

40代になると、肌本来の持つ保湿機能が衰え、肌の新陳代謝も悪くなり、精神的なストレスや物理的なストレスによって、肌トラブルが起きやすくなります。また、40代になると、女性ホルモンの分泌が急速に低下します。女性ホルモンが減少することで、肌の張りや弾力が失われ、肌の乾燥を進行させていきます。これは、女性ホルモンの分泌と共に放出されるエストロゲンによる影響です。エストロゲンの減少が進むと、肌本来の持つ保...

50代になると、一気に肌の老化が目に見えるようになるでしょう。肌が老化したと感じるポイントは、顔の輪郭がぼやけてきた、しわやたるみが目立つようになった、くすみによって肌色が暗く見えるようになった、などです。まず、しわやたるみの原因に、加齢による乾燥があります。50年以上もの間、紫外線などのダメージを受け続けた皮膚内には、コラーゲンやセラミドなどの、肌が持つ保湿成分が著しく減少します。こうして乾燥し...

皆さんは、日に何度、鏡を見ますか。20代の頃、うきうきした気持ちで鏡を見ていたけれど、60代になり、鏡を見る度、自分の肌の衰えを、感じざるにはいられなくなるでしょう。しかし、もう60代だから仕方ないとスキンケアを諦めるか、まだまだ綺麗になれると気合いを入れるかで、周りとの差がつく時期でもあるのです。60代からのスキンケアで、年齢を感じさせないハリのある肌をつくることも可能です。60代になり、新陳代...