洗顔料

洗顔料も大事な保湿化粧品のひとつ

保湿化粧品というと、洗顔後の化粧水や乳液などを指しているように認識されがちです。しかし、保湿ケアの中で最も重要なことは、洗顔です。

 

肌を綺麗にしようとすればするほど、肌に大事な保湿成分やバリア成分まで、落としてしまうことになりかねません。

 

また、洗顔の刺激によって肌が傷付き、乾燥を招くこともあります。そこで、保湿洗顔料に配合される保湿成分によって、洗顔中の肌を保護し、乾燥させないようにすることが大事になるのです。

 

洗顔料に配合される保湿成分の代表格として、グリセリンが挙げられます。グリセリンは、植物や動物にも含まれるアルコールで、人間の体内でも、中性脂肪という名で、人間にとって重要な役割を果たしています。

 

グリセリンを悪として、グリセリンフリーと謳っている化粧品もあるようですが、れっきとした保湿成分です。

 

近年では、クレンジングも一緒に出来る保湿洗顔料の人気が上昇しており、保湿しながらメイクオフするという新しい保湿ケア方法が注目を集めています。

 

但し、保湿洗顔料を選ぶ際は、保湿力と洗浄力のどちらかを妥協する必要があります。洗浄力を高めるには保湿力が劣るため、自分に合った保湿洗顔料を見極めましょう。

 

また、洗浄力の高いクレンジングの後に洗浄力の高い洗顔フォームを使うと、肌は間違いなく大きなダメージを受けることとなります。

 

保湿の観点から、ダメージは乾燥を招くため、洗浄力の高いクレンジングの後は、保湿力の高い洗顔料を使う方法が理想的です。

 

自分に合った洗顔料を見つけてみて下さい。

関連ページ

バリエーション豊かな「保湿化粧水」
保湿化粧品の代表格とも言える保湿化粧水ですが、そのバリエーションは非常に沢山あります。
保湿化粧品界のマストアイテム「保湿乳液」
以前、保湿化粧品の中で保湿乳液は、化粧水で補った水分の蒸発を防ぐための蓋という認識がされていました。
意外と知らない「保湿美容液」の使い方
スペシャルケアとして美容液を使用している方は、意外と少ないように思います。
このひと手間が重要「保湿クリーム」
皆さんが保湿ケアをする際、化粧水、乳液はマストですが、保湿クリームは使用していない方が意外と多いようです。
多忙な方に人気の保湿化粧品「オールインワンゲル」
育児や仕事で忙しい人に人気の高い、オールインワンゲル、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。