保湿化粧品の種類を知ろう

意外と知らない「保湿美容液」の使い方

 

皆さんは、保湿美容液を使っていますか。洗顔後に、化粧水をパッティングし、乳液でコーティングするという一連のケアに、スペシャルケアとして美容液を使用している方は、意外と少ないように思います。

 

しかし、乾燥の激しい冬や、体質的に乾燥しやすい方にとって、化粧水と乳液だけでは、もの足りないこともあります。

 

そんな時、美容成分の割合が高く、保湿成分も多く配合された保湿美容液が、本格的な乾燥予防に効果を発揮します。

 

保湿化粧品の中で、一際、特別感を醸し出している美容液ですが、このひと手間で、肌内部に水分がしっかり留まり、ぷるぷるの肌に導きます。

 

近年発売されている美容液では、水を使用せず美容成分100%のものや、渇きを防ぐことに特化したもの、美白成分が贅沢に配合されたものなど、肌へのご褒美と言えるような保湿美容液が多いようです。

 

美容成分が高濃度に配合されているので、どの保湿化粧品と比べても、上手に使えば一番効果の出やすいものとなるでしょう。

 

朝だけ、夜だけ、3日に1度、など、自分の生活スタイルに合わせた使い方が出来るのも、美容液の魅力です。

 

そして、美容液を使う順番は、化粧水と乳液の間です。化粧水によって肌が整い、柔らかくなることで、美容液の成分が肌の内部に吸収しやすくなります。
内部に行き渡ったところで、乳液により油分を追加し、蓋をすることにより、保湿力、美肌力、保護力を満足に高めることが出来るでしょう。美容液に使われる保湿成分としては、セラミドやコラーゲンが人気です。

 

関連ページ

洗顔料も大事な保湿化粧品のひとつ
保湿化粧品というと、洗顔後の化粧水や乳液などを指しているように認識されがちです。しかし、保湿ケアの中で最も重要なことは、洗顔です。
バリエーション豊かな「保湿化粧水」
保湿化粧品の代表格とも言える保湿化粧水ですが、そのバリエーションは非常に沢山あります。
保湿化粧品界のマストアイテム「保湿乳液」
以前、保湿化粧品の中で保湿乳液は、化粧水で補った水分の蒸発を防ぐための蓋という認識がされていました。
このひと手間が重要「保湿クリーム」
皆さんが保湿ケアをする際、化粧水、乳液はマストですが、保湿クリームは使用していない方が意外と多いようです。
多忙な方に人気の保湿化粧品「オールインワンゲル」
育児や仕事で忙しい人に人気の高い、オールインワンゲル、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。