オールインワンゲル

多忙な方に人気の保湿化粧品「オールインワンゲル」

 

育児や仕事で忙しい人に人気の高い、オールインワンゲル、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

オールインワンゲルは、その名の通り、オールインワン(複数の機能がひとつにまとまっていること)で効果のある保湿化粧品のひとつです。

 

本来、化粧水、美容液、乳液、クリームなどを使い、保湿する、美容成分を与える、保護すると言う3ステップを総じて保湿ケアと呼んでいます。この一連の保湿ケアが、1ステップで出来てしまう、多才な保湿化粧品が、オールインワンゲルです。

 

多くの保湿化粧品を化粧台や洗面台に並べ、時間を掛けて保湿ケアするのに対し、低コストで場所も時間もとらない、効率的かつ理想的な保湿ケア方法と言えるかもしれません。

 

しかし、世の中のうまい話には裏があります。オールインワンゲルのデメリットは、保湿力、(美容成分などの)補給力、保護力、共に効果が薄い点です。もちろん、商品によっては保湿力の高いもの、補給力の高いものはあります。

 

しかし、実際のところ、保湿化粧品を1つずつ使う方法には劣ってしまいます。特に、物理的につける量が減ってしまうため、保湿力が十分でないことがほとんどです。

 

肌の内部に水分を送り届ける必要のある洗顔後に、オールインワンゲルのみでは、水分補給が不十分です。例えるなら、三食のバランスのとれた食事がライン使いの保湿化粧品で、栄養調整食品がオールインワンゲルといったところでしょうか。

 

時間がない時のピンチヒッターとして、非常に重宝する保湿化粧品です。

 

関連ページ

洗顔料も大事な保湿化粧品のひとつ
保湿化粧品というと、洗顔後の化粧水や乳液などを指しているように認識されがちです。しかし、保湿ケアの中で最も重要なことは、洗顔です。
バリエーション豊かな「保湿化粧水」
保湿化粧品の代表格とも言える保湿化粧水ですが、そのバリエーションは非常に沢山あります。
保湿化粧品界のマストアイテム「保湿乳液」
以前、保湿化粧品の中で保湿乳液は、化粧水で補った水分の蒸発を防ぐための蓋という認識がされていました。
意外と知らない「保湿美容液」の使い方
スペシャルケアとして美容液を使用している方は、意外と少ないように思います。
このひと手間が重要「保湿クリーム」
皆さんが保湿ケアをする際、化粧水、乳液はマストですが、保湿クリームは使用していない方が意外と多いようです。