保湿化粧水

バリエーション豊かな保湿化粧水

 

保湿化粧品の代表格とも言える保湿化粧水ですが、そのバリエーションは非常に沢山あります。

 

保湿化粧水の主な役割は、洗顔後の肌に水分を与え、肌の状態を整えることです。洗顔後の肌は、あっという間に水分が蒸発し、内部から乾燥していきます。

 

肌は本来、皮脂という油分で覆われているため、水を付けるだけでは、表面は濡れても内部にまで滲み渡ることが出来ないのです。

 

そこで、水以外の成分によって、肌の内部に水分が浸透しやすくする必要があります。保湿成分は、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタエキス、セラミドなどがありますが、これらの有効成分を内部に滲み渡りやすくするために、グリセリンやエモリエントなどが含まれていることが多いようです。

 

特にエモリエントは、肌を柔らかくし、保湿成分を浸透しやすくする役割を果たします。

 

上記の保湿成分以外にも、美白成分であるアルブチンやヨクイニンエキスなどが配合されているものや、毛穴の引き締め効果が期待できる収れん成分の、ハマメリエキスやブドウ葉エキスなどが含まれているものもあります。

 

このように化粧水には保湿だけでなく、肌を柔らかくし、浸透を促す成分や毛穴を引き締める成分などが含有され、洗顔後の肌には欠かすことの出来ない、保湿化粧品としての役割を果たします。

 

理想的な保湿化粧水は、保湿はもちろんですが、肌の浸透力を高めると共に、毛穴の引き締めを行うことで、水分をしっかりと内部に閉じ込めておくことが重要になります。

 

 

関連ページ

洗顔料も大事な保湿化粧品のひとつ
保湿化粧品というと、洗顔後の化粧水や乳液などを指しているように認識されがちです。しかし、保湿ケアの中で最も重要なことは、洗顔です。
保湿化粧品界のマストアイテム「保湿乳液」
以前、保湿化粧品の中で保湿乳液は、化粧水で補った水分の蒸発を防ぐための蓋という認識がされていました。
意外と知らない「保湿美容液」の使い方
スペシャルケアとして美容液を使用している方は、意外と少ないように思います。
このひと手間が重要「保湿クリーム」
皆さんが保湿ケアをする際、化粧水、乳液はマストですが、保湿クリームは使用していない方が意外と多いようです。
多忙な方に人気の保湿化粧品「オールインワンゲル」
育児や仕事で忙しい人に人気の高い、オールインワンゲル、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。