保湿クリーム

このひと手間が重要「保湿クリーム」

 

皆さんが保湿ケアをする際、化粧水、乳液はマストですが、保湿クリームは使用していない方が意外と多いようです。

 

乳液があれば保湿クリームは必要ないと考えている方も、大勢いらっしゃるでしょう。

 

しかし、乳液と保湿クリームは、少し違います。それは、水分と油分の比率です。皆さんお分かりの通り、テクスチャーは、水分が高ければ柔らかくなり、油分が高ければ硬くなります。

 

保湿クリームは、油分の比率が高く、こっくりとしたテクスチャーが特徴です。乳液は保湿力と保護力を兼ねている分、保湿クリームは水分を閉じ込め保護する、保護力の高い保湿化粧品と言えます。

 

保湿クリームの成分にもよりますが、つけた後のベタベタが嫌いな方もいるようで、万人受けする保湿化粧品ではありません。

 

日中に保湿クリームをつけると、化粧が崩れやすくなることもあります。しかし、それだけ油分の高いコーティングを行えば、その分水分の蒸発を防ぐことが出来ているとも言えます。

 

肌表面は潤っていても、内部の乾燥が進むと、シワやたるみが発生する大きな原因となります。

 

化粧水と乳液でしっかりと水分を肌内部に送り届けた後は、肌を保護する保湿クリームで万全の乾燥対策をしましょう。日中に使いづらいものなので、夜のスペシャルケアとして使用することをオススメします。

 

たっぷり使うことで、ナイトパックの役割も果たします。次の日の化粧ノリを良好にするためにも、このひと手間を惜しまず、しっかり保湿ケアを行いましょう。

 

関連ページ

洗顔料も大事な保湿化粧品のひとつ
保湿化粧品というと、洗顔後の化粧水や乳液などを指しているように認識されがちです。しかし、保湿ケアの中で最も重要なことは、洗顔です。
バリエーション豊かな「保湿化粧水」
保湿化粧品の代表格とも言える保湿化粧水ですが、そのバリエーションは非常に沢山あります。
保湿化粧品界のマストアイテム「保湿乳液」
以前、保湿化粧品の中で保湿乳液は、化粧水で補った水分の蒸発を防ぐための蓋という認識がされていました。
意外と知らない「保湿美容液」の使い方
スペシャルケアとして美容液を使用している方は、意外と少ないように思います。
多忙な方に人気の保湿化粧品「オールインワンゲル」
育児や仕事で忙しい人に人気の高い、オールインワンゲル、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。