グリセリン配合の保湿化粧品

グリセリン配合の保湿化粧品

 
巷では、グリセリンフリーなどの謳い文句で発売されている化粧品が多くあります。それでは、グリセリンとは肌に良くない成分なのでしょうか。 グリセリンは、アルコールの一種で、無色透明で保水性のある粘度の高い液体です。 グリセリンには、ご紹介出来ないほどの種類があり、食品に添加されるもの、薬に配合されるもの、化粧品に配合されるものなどがあります。 種類が多いことからもわかるように、様々な作り方があり、様々な役割を果たします。化粧品として使用されるグリセリンは、保湿化粧品のみならず、洗濯の柔軟剤やヘアコンディショナーなどにも広く使用されています。 ほぼ全ての化粧品に配合されていると言っても過言ではないほどに、幅広く使用される成分です。 安全性は、高濃度になると逆に肌を乾燥させてしまい、粘膜にも大きなダメージを与えてしまうこともありますが、化粧品などに適量使用されている分は、保湿の役割を果たします。 医薬部外品原料規格という規定に沿って配合されているため、危険な分量で配合されることはありません。 特に、植物性のグリセリンは安全度が高いと言われています。しかし、純度の高いグリセリンの多くは、化学合成でつくられています。 また、グリセリンは、肌を弱酸性に傾けるので、肌を健康に保つことが出来ます。 グリセリンが肌に良くないという説は、美容関係のセールストーク、商法戦略であることが多いようです。よって、グリセリンに過敏になる必要はないと言えるでしょう。
 

関連ページ

セラミド配合の保湿化粧品
セラミド配合の保湿化粧品について説明します。
ヒアルロン酸配合の保湿化粧品
ヒアルロン酸配合の保湿化粧品について説明します。
コラーゲン配合の保湿化粧品
コラーゲン配合の保湿化粧品について説明します。
ホホバオイル配合の保湿化粧品
ホホバオイル配合の保湿化粧品について説明します。
スクワラン配合の保湿化粧品
スクワラン配合の保湿化粧品について説明します。