保湿化粧品に配合される保湿成分

保湿化粧品に配合される保湿成分記事一覧

皆さんは、セラミドという保湿成分をご存知でしょうか。保湿化粧品は、セラミドなしでは語れないと言えるほど、セラミドの保湿効果、美肌効果には、特に注目が集まっています。セラミドとは、本来、人間の皮膚に存在する保湿成分です。肌の表面は皮脂膜で覆われ、保護の役割を果たしていますが、セラミドは、肌内部の細胞と細胞の間で水分を保持する役割を果たしています。皮脂膜が外部の刺激から皮膚を守る1次バリアとすれば、セ...

ヒアルロン酸配合の保湿化粧品が世に出回るようになったのは、2000年頃です。安価な上、保湿性が高く、細胞の活性化が期待できるとして、美容業界において、一大ブームを巻き起こしました。21世紀に入り一世を風靡した保湿成分と言っても過言ではありません。ヒアルロン酸は、元々人間の眼球の中から発見された成分です。粘度の高いネバネバの物質で、人間の皮膚内部に存在する細胞と細胞を付着する働きをもつ、人間の体にな...

コラーゲンを配合した保湿化粧品は、ドラッグストアやインターネットなどでも多く販売され、多くの食品にも含まれる、人間に必要不可欠な、大活躍の成分です。そもそも、コラーゲンとは、一体どのような成分なのでしょうか。コラーゲンは、人間の体の中で、様々な部位で使用されています。体は多くのたんぱく質で構成されていますが、その約3割を占めるのが、コラーゲンです。皮膚や骨はもちろん、血管や内蔵にも広く使われており...

巷では、グリセリンフリーなどの謳い文句で発売されている化粧品が多くあります。それでは、グリセリンとは肌に良くない成分なのでしょうか。グリセリンは、アルコールの一種で、無色透明で保水性のある粘度の高い液体です。グリセリンには、ご紹介出来ないほどの種類があり、食品に添加されるもの、薬に配合されるもの、化粧品に配合されるものなどがあります。種類が多いことからもわかるように、様々な作り方があり、様々な役割...

自分に合う保湿化粧品を探していると、様々な保湿成分に出会います。化粧水に多く使われるのが、コラーゲン、ヒアルロン酸、グリセリンなどです。これらは、水分を保持し、肌に潤いを与えるための保湿成分です。一方、水分を皮膚内部に閉じ込め、保湿を持続させるために必要な乳液、美容液には、セラミド、レシチンなどが使用されることが多いようです。保湿ケアの最終段階は、肌表面を覆い、膜を張ることで、水分が蒸発しないよう...

保湿化粧品の中でも最終段階に当たり、水分の蒸発を防ぎ、肌を保護する保湿ケアを行うのが、保湿クリームや保湿オイルです。これらに配合され、肌の保湿と保護をサポートするのが、スクワランオイルです。スクワランとは、人間やサメなどの哺乳類や、オリーブオイルやコーン油などに含まれる天然成分です。一般に、深海鮫であるアイザメの肝油から多くとれます。深海鮫の体内でつくられるスクワレンに水素を添加したものが、スクワ...