保湿 おすすめ

乾燥は肌を老化させます!保湿化粧品を選びましょう!

 

アナタの憧れる、美しい肌をつくるキーポイントは、保湿です!

 

お肌の乾燥は、「水分を閉じ込め、外部の刺激から皮膚を守るべきバリア機能が年齢を重ねることで衰えてくる」ことが最大の理由と言えます。

 

バリア機能が衰えると、水分をあっという間に蒸発させてしまい、肌は砂漠のように乾くことになります。

 

そして、肌が乾燥すると、体は乾燥を防ごうと、「皮脂を過剰に分泌」します。過剰分泌された皮脂と汚れが毛穴に詰まり、にきびや吹き出物が発生し、肌のキメが乱れ、くすみやしわの原因となります。

 

この繰り返しで、肌は若い頃の美しさを失い、老化が進行していくのです。

 

その為、しかしここで、肌の乾燥を防ぐことで、老化の進行を遅らせることが出来ると言うことに、皆さんもお気付きになったはずです。

 

;

 

保湿に強い「保湿化粧品」を使いましょう!

 

さて、皆さんは、毎日のスキンケアでどんな化粧品を使用しているでしょうか?

 

化粧品選びの基本は、「保湿効果の高い」保湿化粧品を選ぶことです。

 

もし、なにげなく化粧品を選んでいる方は、化粧品を、保湿効果の高い化粧品に見直しましょう!

 

保湿化粧品を選ぶポイント
  • 保湿成分が十分の配合されている事!
  • 肌に悪影響を与えるような成分が配合されていない事!
  • 天延由来成分が使われている低刺激の化粧品を選ぶ事!
  • お試しセットで試せる事!
 

保湿におすすめ化粧品【総合ランキング】

 

保湿効果の高いにオススメの人気の化粧品をランキング形式で紹介します。

 

アスタリフトの特徴

富士フィルムの保湿化粧品「アスタリフト」!浸透力が凄い!

アスタリフトは、一番の魅力は、「浸透力」です。そんな良い成分でもすばやく浸透させ肌の奥まで届かせなければ、その恩恵を受けることができません。

最先端のテクノロジーを持つ企業が自信をもっているナノ技術で、肌に素早く成分を浸透させることができます。

アスタリフトは、「アスタキサンチン」に注目しています。強力な若返りパワーを、ナノ技術ででしっかりと肌深く届けることに成功しています。

もちろん、保湿効果の高い、コラーゲンや新開発の人型ナノセラミド(ジェリーアクアエイスタに配合)などもしっかり配合されています。

ますは、お試しセットで自分の肌に合うのかチェックしてみてください。

ベーシックトライアル:¥1000円(税別)5日分
・ローション(化粧水)
・エッセンスディスティニー(美容液)
・クリーム
・シェリーアクアリスタ(先行美容液)

価格 1000(お試し)円
評価 評価5
備考 お試し:1000円(税別)

米肌の特徴

ライスパーワNO.11で保湿持続のカギ「セラミド」を量産!

「セラミド」の保湿効果に着目した保湿化粧品です。セラミドは各層の細胞と細胞の間でスポンジのように水分を抱え込む、超保湿成分です。

年齢と共に減少するセラミドを増やす為に、「ライスパワーNO.11」を配合しています。

それは、「ライスパワーNO.11」は、水分保持のカギとなる「セラミド」を自ら作り出して肌の潤いを改善してくれるからです。

米肌は、無香料、無着色、石油系界面活性剤未使用など低刺激処方なので、敏感肌の方にもおすすめできる保湿化粧品です。

トライアルセット:¥1500円(税込)14日分
・肌潤石鹸(洗顔石鹸)
・肌潤化粧水
・肌潤クリーム
・肌潤化粧水マスク
・肌潤改善エッセンス
・肌潤ジェルクリーム

価格 1500(お試し)円
評価 評価4.5
備考 お試し:1500円(税込)

ディセンシア・アヤナスの特徴

保湿効果の高い敏感肌用のエイジングケア化粧品!

アヤナスは、敏感肌の女性から絶大な支持を得ている人気のシリーズです。数々の専門サイトでも評価が高い基礎化粧品です。

特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」が肌の生まれ変わりをサポートし、人型ナノセラミドなどの美容成分が保湿効果を高めてくれます。

敏感肌仕様なので、アルコール未使用、香料未使用、紫外線吸収剤未使用、皮膚科医立ち合いでのテスト承認済みとなっています。

トライアルセット:¥1480円(税込)約10日分
・ローション コンセントレート(化粧水)
・エッセンス コンセントレート(美容液)
・アイクリーム コンセントレート(アイクリーム)
・クリーム コンセントレート(クリーム)

価格 1480(お試し)円
評価 評価4.5
備考 お試し:1480円(税込)

ディセンシア・つつむの特徴

敏感肌の為の高保湿化粧品!

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドの高保湿化粧品です。「ディセンシア・アヤナス」は姉妹商品で、この「つつも」は基本ラインになります。

「アヤナス」は、エイジングケア(年齢肌}用ですが、「つつむ」は誰も使えるベーシックラインです。

敏感肌仕様なので、アルコール未使用、香料未使用、紫外線吸収剤未使用、皮膚科医立ち合いでのテスト承認済みとなっています。

トライアルセット:¥1480円(税込)約14日分
・ジェントル クレンジング 1.3g×14回分
・ジェントル ウォッシュ 10g
・ジェントル クリームウォッシュ 1回分
・ローションセラム E 14mL
・フェイスクリーム 10g
・フェイスクリーム S1 1回分
・フェイスクリーム R1 1回分
・デイ モイスチャーヴェール 1回

価格 1480(お試し)円
評価 評価4.5
備考 お試し:1480円(税込)

ライスフォースの特徴

ライスフォースは世界41か国で愛されている保湿化粧品!

高い保湿効果と美白効果に優れた化粧品です。「ライスパワーNO.11」の保湿効果にいち早く着目して取り入れたことでも知られています。

芸能人の愛用者が多いと評判で、海外のホテルなどでも採用されるほどの人気になっています。

トライアルセット:¥900円(税抜き)10日分
・薬用保湿化粧水
・薬用保湿美容液
・薬用保湿クリーム

価格 900(お試し)円
評価 評価4
備考 お試し:900円(税別)
 

保湿化粧品の配合される保湿成分

 

保湿化粧品に配合されてる「保湿効果の高い成分」の主なものを紹介します。

 

セラミド

人の角層細胞どうしの隙間を満たして、細胞同士や水分をつなぎとめているのが、「セラミド」です。肌には外部から肌を守る「バリア機能」がりますが、その機能の主役が「セラミド」です。肌の潤いを保つ為にとても大事な成分です。近頃では、その効果に注目され多くの保湿化粧品に配合されています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、水分を抱え込んで保湿してくれます。ヒアルロン酸は、真皮のコラーゲンやエラスチンなどの隙間に存在しています。ヒアルロン酸が不足すると肌の潤いが失われてしまいます。

コラーゲン

コラーゲンは人の体に含まれる「タンパク質」のひとつで、身体に存在する「タンパク質」の30%を占めていると言われています。しかも。皮膚の場合はなんと70%を占めていると言われていて、肌にハリと弾力を与えています。また、コラーゲンが減少すると水分量も減ってしまう為に、肌の潤いが失われてしまい肌トラブルの原因となりします。代表的な保湿成分な為、多くの保湿化粧品の配合されています。

グリセリン

グリセリンは、吸湿効果に優れているので保湿化粧品に多く配合されています。グリセリンは、ヒアルロン酸との相性がとても良く、多くの化粧品にはグリセリンとヒアルロン酸を一緒に配合しているものがほとんどです。

エラスチン

エラスチンは、コラーゲンやヒアルロン酸などと同様に、人の肌を構成する重要な成分です。エラスチンは、コラーゲン同士を結び付ける働きをしてくれます。エラスチンは年齢と共に減少してしまい、肌の潤いやハリを失う原因となっています。

ホホバオイル

ホホバオイルは、「ホホバ」から抽出される天然オイルです。人の肌と相性が良くいろいろな場面で活躍する美容オイルです。抗酸化物質やビタミンA、ビタミンS、ビタミンEなどアンチエイジングに効果的な成分が豊富に含まれています。

スクワラン

スクワランは「サメ」の肝油から抽出された「スクワレン」に水素を加えた成分です。「スクワレン」はもともと人の肌の中にあるうるおい成分でです。汗と混ざり合い自然と肌をまもるクリームのような働きをしてくれています。年齢と共に失われるスクワランを補充することは肌の乾燥を防ぐのに効果的です。

 

敏感肌の方にオススメの保湿化粧品

 

敏感肌の方でも安心して使える「保湿に効果的な化粧品」について紹介します。

 

敏感肌の方は化粧品選びに苦労してるのではないでしょうか?

 

どの化粧品を選んでも、肌トラブルになってしまう。なんでて方も多いのかもしれません。そんなことを繰り返していると、新しい保湿化粧品に踏み出す勇気がなくなっていきます。

 

そして、普段同じ保湿効果もあまり期待できない化粧品を使い続け、肌が気づかぬうちに劣化していく…ということしもなりかねません。

 

敏感肌の方は、化粧品に入っている何らかの成分に反応し、肌が拒絶反応を起こし、赤くただれ、細かなプツプツが発生したり、ニキビや吹き出物が出たり、することが多いと思います。

 

;

 

敏感肌の方が保湿化粧品選びで注意すべき成分を、いくつかご紹介します。

 

敏感肌の人の多くは化粧品に配合されている、石油系の界面活性剤、香料、防腐剤、その他化学添加物などに刺激を感じ、肌荒れを起こすようです。

 

保存料・防腐剤

保存料や防腐剤は、一部の商品を除いて化粧品に多かれ少なかれ配合されています。
メチル、プロピル、ブチル、エチルパラベン、フェノキシエタノール(ジアゾリジニル尿素などは、肌トラブルを起こす場合があります。(イミダゾリジニル尿素は、有毒なホルムアルデヒドを発散することもあります

合成着色料(タール色素)

天然ではない化学的な着色料は、一部を除き人に良くないと言われています。日本ではOKだけど改廃では禁止されているような合成着色料もあるので注意が必要です。口紅などには、食品では認めていいない合成着色料も使われてる場合がるので注意が必要です。できれば、合成着色料ではく「天然色素」を使っている化粧品が理想です。

人工香料

科学的に合成で作られた香料は、アレルギーが出る場合があります。できれば天然の香料を使った保湿化粧品を選びましょう。

石油系界面活性剤

油分と水分が分離せず混じる為に使われるのが界面活性剤です。界面活性剤はあらゆるものに使われていますが、そのほとんどが石油系の界面活性剤です。界面活性剤は非常に多くの種類があるので一言では言えませんが、できれば、天然由来の界面活性剤の商品を選ぶのが理想です。

 

保湿化粧品に配合されるオススメ成分

 

保湿化粧品に配合される保湿成分よりオススメをピックアップしてご紹介します!

 

「セラミド」の保湿力は超強力!

肌にとって万能な保湿成分であり、本来肌の内部に存在するほぼ半数近い成分であるセラミドを1番に、オススメします。セラミドは肌への吸収力も高く、この数年、美容業界において、急激なブームを巻き起こしている保湿成分です。

 

特に、天然由来のセラミドは、希少価値が高く、高価な分、美肌効果が高いと言われています。セラミドに似た働きをする成分として、ステアリン酸コレステロールがありますが、その保湿力は、セラミドには敵いません。

セラミドはバリア機能の為に必要

肌には、本来、乾燥やほこりなど肌荒れを引き起こす外部刺激から肌を守るための働きが備わっています。その働きのことを、 肌の「バリア機能」といいます。「セラミド」は、このバリア機能をきちんと働かせるための主役となっている成分です。 充分な「セラミド」で満たされた肌は、バリア機能の働きが高く、外部刺激で肌荒れしにくい状態です。 肌表面も、潤ってキメが整っています。(引用:肌の必須成分「セラミド」とは

 

「ホホバオイル」は保湿効果だけじゃない万能オイル

ホホバオイルは、保湿化粧品の成分として配合される他に、そのまま使うことも多い万能オイルです。

 

ホホバオイルは、肌内部に水分を蓄える能力は低いのですが、肌を保護しながら柔軟化し、新陳代謝を促す働きがあります。

 

何よりも、敏感肌の方でも安心して使用できる点、比較的安価に手に入る点が、オススメしたい理由のひとつです。

 

抗酸化作用にも優れているため、日焼けした肌に使うことで、ほてりや痛みを和らげる効果もあります。

ホホバオイルとは?

ホホバオイルというものは、アメリカの砂漠地帯に生息しているホホバという木になる実から採れる自然のオイルのことです。背の低い木なのですが平均の樹齢が200年にもなれるという強い植物です。しかし一般の木々や植物のようにすぐにはオイルが採れる実はつけることが出来ず、10年ほど経って初めてオイルが採れる実を付けはじめるということです。(引用:ホホバオイルとは

 

 

本来の肌がもつ保湿機能とは?

 

肌の保湿機能は年齢とともに衰えていきます。

 

私たちの肌には本来、水分を保持し、蒸発を防ぎ、肌を保護する保湿機能をもっています。

 

それが、年齢や外部の刺激、ストレスなどで低下することによって、保湿乾燥機能が弱まり肌が乾燥して肌荒れなどのトラブルを引き起こします。

 

肌本来の保湿機能について簡単にお話します。

 

まず、肌のもつ保湿機能は、皮膚内部の細胞間によって生成されます。細胞間の隙間を埋めるように、細胞間脂質が存在します。

 

これは、細胞と細胞をつなぐ役割と共に、水分を保持する保湿剤のような働きをします。そして、細胞間で作られるスクワレンなどが皮膚表面に分泌し、汗と混じり、肌を守る皮脂膜となります。

 

皮脂膜は、外部の刺激から皮膚を守るだけでなく、皮膚内部の水分を蒸発させないように蓋をする役割も果たします。

 

こうして、私たちの肌は本来、潤いで満たされ、きめの細かい状態を維持することが出来るのです。

 

子供の肌がぷりぷりしていてきめ細かいのは、これらの機能が働いているためだと言えます。

 

しかし、20歳を超えた頃からその機能は低下の一途を辿り、30代には、保湿化粧品なしでは潤いを保つことが出来なくなるのです。

 

自分で補いきれない保湿成分を上手に保湿化粧品を利用して、若々しい肌を保って行きましょう。

 

 
更新履歴